menu

熊本県総合博物館ネットワークとは

熊本県総合博物館ネットワークとは

熊本県は、装飾古墳、古代山城鞠智城、加藤・細川400年の文化、キリシタン文化、そして、近代産業遺産など、太古から連綿と続く歴史と文化の宝庫であるとともに、天草の海、阿蘇の山に代表される豊かな自然環境に恵まれ、「参加と体験」を軸とした博物館活動の対象となる資産に溢れています。

この本県の宝とも言うべき、自然、歴史、文化を素材として、多くの県民の知的欲求に応えるため、熊本県では、「県内どこに住んでいても博物館活動に参加・体験できる」、「熊本県総合博物館ネットワーク」の構築を進めています。

そのため、本県では平成27年度に熊本県博物館ネットワークセンターを設置し、県内博物館等で共有可能な収蔵資料データベースの構築運用をはじめ、共同企画展や県内博物館の学芸員等を対象としたスキルアップ研修を実施する等、県内の博物館と連携・協力して、県内全域における博物館活動を活性化させていくこととしております。

そして、このような取組みを通じて、今後、知的活動に「参加」する県民が増加し、そのことがさらに博物館の「活動」を活性化するという好循環を生み出すことを目指して参ります。

熊本県総合博物館ネットワーク熊本県総合博物館ネットワーク熊本県総合博物館ネットワーク熊本県総合博物館ネットワーク熊本県総合博物館ネットワーク熊本県総合博物館ネットワーク

参考

熊本県総合博物館ネットワーク行動計画

熊本県総合博物館ネットワーク行動計画(概要版)

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerは、Adobe社のサイトから無償でダウンロードすることができます。