野田英夫

作者略歴

1908 日系アメリカ移民の子としてカリフォルニア州に生まれる。
1911 日本で教育を受けるため、熊本市の叔父のもとに預けられる。
1926 熊本中学校卒業後、単身渡米。
        ピードモント・ハイスクール(カリフォルニア州)に入学。
1929 同校卒業。サンフランシスコのカリフォルニア美術専門学校に入学。
1931 同校中退。
        ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグの教授に招かれてニューヨークに行き、
        ウッド・ストック芸術村に住む。
1932 ウッド・ストック美術協会展、サンフランシスコ美術協会展で受賞。
        アメリカ人のルース・ケルツと結婚。
        父母は27年間の移民生活を終えて帰国。熊本県宇土郡不知火桂原(現宇城市不知火町)に住む。
1933 シカゴ美術協会展、サンフランシスコ日本人芸術協会展に出品。
        リベラがニューヨークのロックフェラー・センターに制作した大壁画の助手を、ベン・シャーン
        ジャクソン・ポロックらと務める。
1934 ニューヨーク市シヴィック・センターに全米政府事業として壁画を制作。
        ニューヨーク壁画連盟会員となる。
        ホイットニー美術館ビエンナーレ展に出品。美術館買い上げとなる。
        帰日。
1935 東京銀座の青樹社画廊での個展開催。
        第22回二科展に出品し日本画壇に初登場。
1936 ニューヨークに戻る。
        その頃から美術雑誌「ザ・アート」「クリエイティブ・アート」等に論評され、画家として知名度が
        高まる。
1937 母校ピードモント・ハイスクールにフレスコ壁画を制作。
        再来日し、第2回新制作派協会展に出品。会員となる。
1938 銀座の日動画廊で個展開催。好評を博す。
1939 脳腫瘍で死去(30歳)。