【宇城の工芸展】出品作家紹介 山舟窯(陶芸)

「宇城の工芸展」の出品作家をご紹介します。

山舟窯(陶芸)
山根英二

1964年生まれ
独学で陶芸を学び、三角町で山舟窯を始める

現在宇城市小川町で活動中

■作家コメント
この作品、焼締窯変沓壺(やきしめようへんくつつぼ)は、焼締(釉薬を使わず、薪で何日間も焼き続け、土そのものを硬く焼いて締める焼成方法)により生まれた作品です。
その銘の通り沓壺は、水があふれ、かさなりよどみなく流れるような景色が、土と炎によって描かれたまさに自然美の世界。
私がテーマとして想い求めている世界。それは土の世界です。土の持つ美しさ、素朴さ、力強さ、そしてすべてを包み込む様な柔らかさや優しさです。私の作る器たちが日常食器として使って頂く、また飾って頂く中で皆様の心の豊かさに繋がれば幸いです。

ページの先頭へ戻る