【終了しました】宇城の工芸展

展覧会名:宇城の工芸展

開催期間:2021年4月9日(金)~5月29日(土)
入場料:大人300円、大高生200円、中学生以下無料
主催:宇城市不知火美術館、宇城市教育委員会 
協力:熊本県伝統工芸館
内容:
 豊かな自然に恵まれた宇城市では様々な工芸品が作られています。本展では地元の素材を生かし受け継がれてきた技、みずみずしい感性から新たな制作に取り組む工芸家の手仕事を紹介します。
 工芸品は地域と密接な関わりを持つものです。地元の土を使った焼き物、漁師の依頼で作られた竹籠、祭礼用の太鼓などからは地域の特色や成り立ちを知ることができます。また、海や山から得られる自然素材や制作に適した環境は本市で多くの作り手が活躍していることと無関係ではないでしょう。
 工芸品は日々のくらしのなかにあり、作り手と使い手の思いがつながることでより良いものとなっていきます。丁寧な手仕事から生み出されたものには温もりがあり、生活に彩りを与えてくれます。コロナ禍によって自宅で過ごす時間が増えた現在、これらの逸品が心地よい毎日を過ごす助けとなってくれるかもしれません。

主な出品作家

【陶芸】桂原窯、山舟窯、小代焼松橋窯、萩見窯、福島万希子
 小川凧保存会(凧)、小田正芳(木工)、清香園い草部(花ござ)、肥後瑠璃工房(ガラス)、藤本鬼瓦(屋根飾瓦細工)、堀口太鼓店(太鼓)、熊本県伝統工芸館収蔵品

「Uki trip 伝統工芸」 (『ふわっと、おとな旅 Uki trip』シリーズ第2弾)
こちらの動画では、本展で展示している清香園の「花ござ」、「小代焼松橋窯」、「藤本鬼瓦」が登場します。映像を通して熊本県宇城市への旅をお楽しみください。※映像は展示室内でも放映しています。

関連イベント

インテリアい草ほうきづくり

※終了しました 
日時:4月17日(土)①10:30~11:30  ②13:30~14:30
講師:障がい者支援施設 清香園スタッフ
会場:不知火美術館アトリエ
定員:各回10名(要予約)
参加費:200円
内容:カラーい草を使って小さなほうきを作ります。保護者のサポートがあれば小学生でも簡単です。
申込:美術館窓口または電話(0964-32-6222)へお申込み下さい。

小川凧をつくろう

※定員に達した為受付を終了しました
日時:4月25日(日) 13:30~14:30
講師:小川凧保存会
会場:不知火美術館アトリエ
定員:10名(要予約)
参加費:500円
内容:紙に色を塗り、凧のかたちに組み立てます。
申込:美術館窓口または電話(0964-32-6222)へお申込み下さい。

 

 

 

ページの先頭へ戻る