【延期】「グリーン&グリーン 木寺渡と植物を描いた画家たち」

※新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため5月6日(水)まで臨時休館いたします。
「グリーン&グリーン 木寺渡と植物を描いた画家たち」の開催は延期します。また会期中に予定しているイベントはすべて開催未定となっています。ご来館の際はホームページもしくはお電話にてご確認ください。


「グリーン&グリーン 木寺渡と植物を描いた画家たち」植物の写真

【会期】当初予定2020年4月15日(水)~6月7日(日)
    ※現在臨時休館中のため会期が変更になっています
【開館時間】 10:00~18:00(土日祝は17:00閉館)
【休館日】月曜日(ただし5/4(月・祝)は開館し5/5(火)は休館)
【入館料】 大人300円 高大生200円 中学生以下無料
      ※5月4日(月・祝)に入館された方は大人・大高生一律100円(中学生以下無料)
【主催】 宇城市不知火美術館 宇城市教育委員会
【内容】
本展では草むらを徹底して写実的に描く木寺渡氏(1956‐)の絵画世界と当館収蔵品の中から植物を描いた画家たちの作品をご紹介します。

木寺氏の作品は荒草が画面いっぱいに描かれています。強い日差しが落とす葉陰、茂みが抱え込む熱気、まるで実際の草むらに分け入ったかのようです。一つ一つの植物の個性が丁寧に描かれ、どこにでもある草むらは生命力に満ちた緑の世界となり、見るものを圧倒します。宇城市在住の木寺氏は30歳頃から絵を描きはじめ、当初は観葉植物やユリを描いたり、分割して構図を作ったりしていました。その後、描きたいものが見つからない日々が続いたある日、近所の川のほとりで陽の光に照らされた葛(くず)をカメラに収めます。よく見ると葉や茎とその影の対比が面白い構図を作っているのに気づき、これを描いてみようと思ったのが現在の作風になったきっかけといいます。
 
今回の展覧会では木寺氏の作品20点に加え、それぞれの表現で植物の魅力を伝える画家たちの作品約30点を展示します。時に思いもよらない驚きや発見を描き出す画家のまなざしを感じながらお楽しみいただければ幸いです。
 
「グリーン&グリーン 木寺渡と植物を描いた画家たち」のチラシ表面 「グリーン&グリーン 木寺渡と植物を描いた画家たち」のチラシ裏面

ページの先頭へ戻る