夏の企画展「開館20周年記念 動物画家 薮内正幸絵本原画展」

開館20周年記念 動物画家 薮内正幸絵本原画展
2019年7月17日(水)~8月25日(日)

藪内正幸-くちばし 冒険者たち表紙

宇城市不知火美術館では毎年夏休みに絵本原画展を開催しています。
開館20周年を迎える今年度は動物画家の薮内正幸の絵本原画を紹介します。

薮内正幸は大阪に生まれ、高校卒業と同時に上京し、図鑑画を描くために福音館書店に入社します。
フリーランスに転向した後も、動物画家として、絵本、図鑑、広告などを手掛け幅広く活躍しました。
今回の展示では絵本デビュー作の『くちばし』(福音館書店)や『どうぶつのおやこ』(同)などの絵本原画、
児童書「ガンバ三部作」(牧新社、岩波書店)の挿絵、動物や野鳥の図鑑画、朝日新聞広告賞グランプリを受賞したサントリー愛鳥キャンペーンの新聞広告の原画など約80点と、子供の頃のスケッチなども併せて展示します。また、会期中は熊本県博物館ネットワークセンターの協力で、熊本に生息する動物のはく製も展示し、動物や鳥類の関する講演会やワークショップも開催します。
身近な生き物を大切にした薮内の作品をご紹介するとともに、同じ地域に生息する生き物たちを知ることで、
私たちの暮らす環境についても考える機会となれば幸いです。

【開館時間】10:00~18:00(土日祝日は17:00閉館)
【休館日】月曜日(月曜日が祝日の場合翌火曜日)
【入館料】大人300円 大高生200円 中学生以下無料

薮内正幸絵本原画展チラシ-表 薮内正幸絵本原画展チラシ裏