【新年の企画展のご案内】

【展覧会のお知らせ】

Exile Dream of Hope 国吉康雄と野田英夫

会期:2019年1月5日(土)~2月3日(日)        ※通常観覧料

鯉のぼり - サイズ小
国吉康雄《鯉のぼり》1950年/福武コレクション蔵

  宇城市不知火美術館では、新年の企画展として「Exile Dream of Hope 国吉康雄と野田英夫」を開催いたします。
  
  2019年に生誕130年を迎える国吉康雄(18891953)は、16歳で単身労働移民として渡米し、その画才を「才能ある若者を支援する文化」によって開花させ、やがてヴェネチア・ビエンナーレのアメリカ代表となるまでの画家となりました。2015年にスミソニアン・アメリカン・アート・ミュージアムで開催された国吉の大回顧展では44万人が訪れ、アメリカの多様性の象徴として近年再評価されています。

 日系二世移民としてカリフォルニアで生まれた野田英夫(19081939)は3歳で熊本の叔父に預けられ、日本で教育を受けました。18歳でアメリカに戻った野田は、ニューヨークの美術学校の教授だった国吉らの支援を受けて画才を磨くことに邁進し、メキシコの壁画画家ディエゴ・リベラの助手を務め、二科展にも出品するなどしますが、30歳の若さで制作のため帰国していた日本で没しました。

 本展では、ともに20世紀初頭のアメリカ画壇で活躍した国吉康雄と日系二世移民の野田英夫にスポットをあてた特別展で、福武コレクションの中から国吉の油彩、カゼイン画等約30点と宇城市不知火美術館、熊本県立美術館所蔵の作品から野田の油彩、ペン画を展示します。

2019年、新しい年の始まりに二人の時代と国境を越えた作品の魅力を感じてみませんか?
ぜひ、この機会に宇城市不知火美術館へお越しください。


〈開館時間〉10:00-18:00(土日祝は17:00閉館) ※入館は閉館の30分前まで
〈観覧料〉 大人:300円 大高生:200円 中学生以下無料 
      ※20名以上の団体は2割引
      ※障害者・戦傷病者手帳の交付を受けている方及びその介助者の方は半額
〈休館日〉 月曜日(1/14は開館)、1/15(火)


【関連イベント】

◆オープニングトーク「会話しながら絵を見よう」
 日 時:1月5日(土・展覧会初日) 13:00~
 話し手:浦田恭代(不知火美術館学芸員) 才士真司(岡山大学准教授・本展共同企画者)

◆対談「国吉康雄と野田英夫」
 日 時:1月27日(日) 13:00~
 話し手:林田龍太(熊本県立美術館学芸員・本展共同企画者)
     江原久美子(岡山大学准教授)

※オープニングトークと対談のご参加には、観覧料が必要となります。
 
◆工作・描画ワークショップ 【参加料無料】

 アートワークショップ「仮面作り・ダンボールで額を作ろう」
 日 時:1月13日(日)10:30~15:00 ※材料がなくなり次第終了となります。
 会 場:美術館アトリエ
 内 容:国吉康雄が絵の題材にした仮面を作るワークショップと、国吉の非売品ポストカードを、
     ダンボールで作った思い思いの額で飾るワークショップです。

 カゼイン描画ワークショップ
 日 時:1月13日(日) 13:00~14:00
 会 場:美術館アトリエ
 定 員:8名(中学生以上・要事前申込)
 内 容:国吉が使用したカゼイン絵の具を使用した描画のワークショップです。
     ※カゼインは牛乳由来の絵の具です。アレルギーのある方の参加はできません。