村崎政昶

作者略歴

1876 現在の熊本県宇城市不知火町塩浜に生まれる。
1882 亀松小学校入学。
1897 東京上野美術学校卒業。

明治大正画壇の巨匠、橋本雅邦川端玉章 の両名に師事。
師の雅号から一字ずつ頂き、雅章と号す。
平福百穂と共に門下の双璧と称される。
院展・帝展に入選すること、複数回。
「龍門の鯉」等の作品が明治天皇天覧の光栄に浴す。
鯉魚・山水・花鳥・人物などに秀で、南風画壇を牽引する。
楠公父子を描く「桜井の駅訣別大屏風」が熊本城に陳列される。

1962 死去(85歳)。