松本英一郎

作者略歴

1932 福岡県久留米市に生まれる。
1957 東京芸術大学油画科林武教室卒業 大橋賞。
        第25回独立展 入選。以後2001年まで毎年出品。
1958 第26回独立展 独立賞。
1959 東京芸術大学林武教室専攻科卒業。
        第27回独立展 独立賞。
1960 第4回新表現展 出品。以後8回展まで連続出品。
        第28回独立展 独立賞。独立美術協会会員となる。
1968 多摩美術大学講師となる。
1972 多摩美術大学助教授となる。
1974 新鋭選抜展 優賞。
        第11回日本国際美術展 出品。
        現代日本美術選抜展(栃木県立美術館)。
        コスモス展(ブラジル サンパウロモダンアート)。
1976 O氏賞記念展 出品。
1978 第3回具象現代展 出品。
1979 第1回明日への具象展 出品。
        第1回十果会展 出品。以後2001年の第23回展まで毎回出品。
1980 「アジア現代展」(福岡市美術館)
        第2回日本秀作美術展 出品。
1982 フジテレビ『テレビ美術館-風景自然と造形の間』出演。
1983 自選展。
        多摩美術大学教授となる。
        「現代日本の美術・風景との出会い展」(宮城県美術館)。
1984 第23回国際形象展 出品。
1985 「第9回新表現展―八人の鬼才たち」(池田20世紀美術館)
        第1回具象絵画ビエンナーレ 出品。
1987 「松本英一郎展―退屈な風景」(銀座アートセンター)。
1989 広島市現代美術館開館記念展「広島・ヒロシマ・HIROSHIMA」。
1990 第12回日本秀作美術展 出品。以後1999年まで毎回出品。
        「松本英一郎展」(青梅市立美術館企画)
1991 「ジャパンフェスティバルニューウェーブ展」(カナダ)。
         日本テレビ『美の世界』出演。
1992 「松本英一郎展<さくらシリーズによる>」(福岡と久留米の岩田屋)。 
1993 絵画の今日・IMA展 出品。以後1995, 1997年出品)
        「松本英一郎の世界」(池田20世紀美術館)
1994 NHK『美の朝』出演。
1998 「21世紀の日本洋画を担う現代の精鋭作家たち展」(名古屋松坂屋美術館)
1999 「21世紀の日本洋画を担う現代の精鋭作家たち展」(安田火災東郷青児美術館)
        「開館25周年記念―アート最前線25年 作家とともに展」(池田20世紀美術館)
2001 死去(68)

2003 回顧展「松本英一郎展 Works 19682001(多摩美術大学美術館)
2007 回顧展「松本英一郎展」(石橋美術館)