間部有剛

作者略歴

1955 マナブ間部の三男として、ブラジルサンパウロ州リンス市に生まれる。
        幼少期より、画家である父の仕事を間近に見て育つ。

1970年代 大学で「商業広告」を学ぶ傍ら、画業を志す。

1980 最初の個展(サンパウロ市 ドクメンタギャラリー)。
        以降、ほぼ毎年のように各地で作品を発表。
        画業に専念する決意を固め、父を師と仰ぎ、研鑽を重ねる。

        初期は花を主なモチーフとし、のちに風景画を描くようになる。
        ブラジルの風土から生まれた強い原色と、繊細な抽象世界で知られる。

主な個展歴
1980 ドクメンタ画廊(サンパウロ)
1982 レアリダーデ画廊(リオデジャネイロ)
1983 ドクメンタ画廊(サンパウロ)
1988 レアリダーデ画廊(リオデジャネイロ)
1991 ヴォトレ画廊(リオデジャネイロ)
1993 ヴォトレ画廊(リオデジャネイロ)
1996 ヴォトレ画廊(リオデジャネイロ)
1999 グラン・メリア文化センター(サンパウロ)
2001 在日ブラジル大使館(東京)
        プロモ・アルテ ラテンアメリカンアートギャラリー(東京)
2003 ベアトリス・テレスアート事務所(サンタカタリーナ)
2004 ヴィーヴォ文化センター(サンパウロ)
2005 ライース・デ・メンドンサ アートセンター(サンパウロ)
        ベアトリス・テレスアート事務所(サンタカタリーナ)
2009 プロモ・アルテ ラテンアメリカンアートギャラリー(東京)
                           ほか多数

主なグループ展
1972,75 サロン・ブンキョウ(サンパウロ)
1978,80,82,84,88,90 サロン・ブラジレイロ・デ・アルテ(サンパウロ)
1979,85 「日本移民70・75周年記念展」(サンパウロ)
1992 アート・マイアミ ‘92国際展(マイアミ)
1993 「ポルトガル―日本展」(サンパウロ)
1995 「7人のサムライ展」(ブラジリア)
        「日伯友好100年記念展」(クリチーバ)
1996 「仮想の時代展」(サンパウロ)
        「3つの形向展」(ポルトアレグレ)
1999 「ユーゴ、マナブ・マベ ファミリー展」(熊本)
2005 「春展」(ポルトガル)
2006,07,08,10,14 プロモ・アルテギャラリー(東京)

受賞歴
1987 第2回アバレー近代美術サロンコンクール(ブラジル)
1990,91 サロン文化協会コンクール(計3回・ブラジル)