マナブ間部

作者略歴

1924 熊本県宇土郡不知火村(現宇城市不知火町高良)に生まれる。
1934 家族とブラジルへ移住。
1945 油絵を描き始める。
1950 リオデジャネイロ国立近代美術館展 初入選。
1952 第1回コロニア展大 銀賞。
        第47回サンパウロ美術展 名誉賞。
        以後、毎年様々な受賞を重ねる。
1959 第1回レイネル賞。
        第5回サンパウロビエンナーレ展 国内大賞。
        第1回パリ青年ビエンナーレ展 留学賞および最高賞。
        南米作家招待展 ダラス美術館買い上げ賞。
        米タイムズ紙が1959年をザ・イヤー・オブ・マナブ・マベとして、最多受賞の紹介記事を掲載。
1960 第30回ベニスビエンナーレ展 フィアット賞。
        初の外国個展(モンテビデオ・ブラジルーウルグァイ文化院)。
1962 第1回南米ビエンナーレ展 最高賞(ゴルドバ)
1970 日本初の個展(東京高島屋)。
1972 「ブラジル独立150周年展」(東京ヤクルト本社)。
        日伯現代美術展を創立する。
1975 回顧展(サンパウロ美術館)。
1978 回顧展(熊本県立美術館・神奈川県立近代美術館・国立国際美術館)。
1980 パンアメリカン・ユニオン(ワシントン)のパネルを制作する。
        個展(ワシントン ラテンアメリカ近代美術館)。
1982 熊本県立劇場の緞帳を制作する。
1986 回顧展(サンパウロ美術館)。
1988 個展(パリ スペースラテンアメリカ画廊)。
1989 個展(ニューヨーク コウロス画廊)
1991 個展(パリ デブレ画廊)。
1992 個展(サンパウロ カーザ・デ・ブラジレイラ美術館)
        個展(リオデジャネイロ近代美術館)
1996 回顧展(熊本県立美術館)。
        熊本県庁新庁舎に油絵「ひのくにの詩」が飾られる。
        サンパウロの病院で死去(73)