第2回企画展示 国立科学博物館コラボミュージアム in うき「生命のれきしー君につながるものがたりー」

3号線タイトル(HP)ニッポノサウルス

 

 

ニッポノサウルスやオデッサ隕石がやってくる‼

2019年8月3日(土)~9月29日(日) 入場無料
 休館日:月曜日(月曜が休みの場合は、その日以降の平日)
 場 所:熊本県博物館ネットワークセンター 展示室

国立科学博物館が所蔵する白亜紀後期の恐竜「ニッポノサウルスの全身骨格」や、アメリカのテキサス州オデッサで発見された「オデッサ隕石」などの貴重な資料とともに、当センターが所蔵する熊本県で発掘された化石や岩石を展示し、46億年に及ぶ地球と生命の歴史をたどります‼

 イベント情報    ※ 事前申込み不要

ぬりえ (2)HP

3Dぬりえ

3Dモデル

3Dぬりえ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

化石レプリカ

 

 

 

 


 ①8月11日(日) 化石レプリカを作ろう!(学習ルーム) 
             10:00~12:00(11:30最終受付)
                       13:00~16:00(15:30最終受付)

              アンモナイトや三葉虫などの型に石こうを流しこみ、自分だけの
              化石のレプリカを作りましょう。
              クリップとひもを持ってきたら、オリジナルのペンダントも作る
              ことができます。

 ②8月24日(土) 「3Dぬりえ」と「恐竜おりがみ」をしよう!(学習ルーム)
             10:30~16:00(15:30最終受付)
              「3Dぬりえ」では、紙に描いてある恐竜に色をぬり、カメラをと
              おしてパソコンの画面で見てみると………あら不思議!
              色をぬった恐竜が立体的に立ち上がります。
              そのほか、おり紙で恐竜を作るイベントもやってます。

 ③9月 8日(日) 講演会「熊本の土地の成り立ち」(学習ルーム)
               講師 元熊本大学教授 田中 均 氏
           10:00~12:00
              熊本県の土地の成り立ちについて、県南地方と県北地方を比べたり
              化石や岩石の特徴などについて考えたりする講演会です。
              実際に石を比べながら、熊本県の土地の成り立ちについて一緒に考
              えてみませんか。

 ④9月15日(日) アロサウルス・バーチャル復元(ミーティングルーム)
               ※ 機材の状況によっては体験できないこともあります
           10:30~16:00(15:30最終受付)
              体験者がスクリーンの前に立ち、指定されたポーズをとることで、
              アロサウルスの生態復元CGを表示させることができます。また、
              体験者の動きに合わせてアロサウルスの手や頭を動かすこともで
              き、体験者が口を開けると恐竜の口も開きます。